スモークを炊いてネズミ退治をし、ラットサインを塞ぐ

古くなった木造建築物には、ネズミが巣を作ることがあります。

大切に住んでいても、そこに食べ物があったり、ネズミの潜り込める空間があると、いつの間にか入り込んで、繁殖してしまうこともあります。

数が増えてしまうと、素人の手には負えなくなります。そうなる前に、ネズミ退治をしてください。まず、家の外に出て、周辺にネズミの出入り口がないか調べてください。

ラットサインと言って、黒ずんでいる穴や隙間があったら、まず間違いなくそこが侵入口です。部屋の中にも、外とつながっている穴がないか確認します。

壁の中でカリカリと引っ掻くような音が聞こえたら、わずかな隙間を作って、ネズミが侵入している可能性があります。人家に出てくるネズミは、クマネズミかハツカネズミだと思われます。壁沿いの隅を移動する習性があるので、通り道と思われる屋根裏の壁の隅に、ネズミ退治の粘着シートを敷き詰めます。

合わせて毒餌を置いてください。これで最初の仕掛けは終了です。このままの状態でネズミがかかるのを待ちますが、最初の三日程度は、警戒して餌にはかからず、カリカリと爪音を立てていると思います。

その後、足音がしなくなったら、屋根裏に上がってみてください。粘着シートにネズミが引っかかっていると思います。それを回収して処分したら、二度と同じ場所にネズミが棲み着かないよう、市販のネズミ退治のスモークを炊きます。

決められた時間放置したら、ネズミがいなくなったのを確認して、侵入口と思われる場所を、すべて金網でしっかりと塞ぎます。おそらくこの方法が、素人のできるもっとも効果的なネズミ退治の手法だと思われます。駆除業者に頼む前に、一度試してみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です